3年目の創造性

仕事を始めてから3年経つとマンネリ化してしまいます。そこで求められるのは創造性に他なりません。しかしだらだらと2年間を過ごしてしまえば、創造性は身に付きません。就職してからも努力し続けることが大切なのです。但し、実績を単なる数字であると考えるのは早計です。スピリチュアルはその点で、一般的な実績主義とは異なります。仕事に関係する実績も大事ですが、それと同じくらい人間関係や他社に対する貢献も大切になります。それらがあって初めて創造性が生まれてくるのです。2年間の自分を超えるためには、他人を蹴落とすような力強さよりも、自分自身との向きあい方が重視されるべきです。つまり仕事をどのように捉えるべきかを問うことが求められます。それさえ2年間で実践できれば、自然と次にすべきことが見つかります。

仕事は確かに辛く、こなすのは大変です。世の中に従事して楽しい仕事など皆無でしょう。しかし仕事の無い生活を想像してみて下さい。それはそれで地獄のような毎日が続くはずです。何もやることが無く、非常に怠惰な生活を送るだけの毎日です。その状況に比べれば、汗水垂らして働くことの意義は確かにあると考えられます。大変でも自分を乗り越えるという経験を積み重ねることで、人間的成長が期待できますし、やりがいも感じられるはずです。

そもそも人生の目的は、この「人間的成長」にあります。楽な選択肢ばかり選んでいても、成長は見込めません。確かに働かない世界は魅力的に映るでしょうが、現実世界がそうでないということは、神がそのように設計されたのだと考える他ありません。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。