観葉植物の効果

 観葉植物を部屋に飾るだけで、人は癒されるものです。例えば花が美しく咲いているのを見ると、自然と優しい気持ちになります。しかし観葉植物については、こうした理解のみでは不十分です。実は観葉植物から住人に向かう一方的な効果だけでなく、人も植物に対して働きかけています。つまり、住人の精神が不安定だったり、疲れていたりすると、観葉植物も枯れやすくなってしまうのです。それは、住人のマイナスパワーを植物が敏感に受け止めてしまうことに起因します。枯れた植物はどうすることも出来ません、感謝して捨ててあげてください。でも必要以上に申し訳なく感じることもありません。植物には使命があり、それがあなたのマイナスパワーを吸い取ることだったのです。安心して新しい植物を購入して愛でてあげましょう。マイナスパワーを吸収され、植物に愛情を注いでいるうちに、自然とあなたの精神は安定してきます。そして優しさ、温かさが育まれていくことでしょう。
上述したように、捨てなければいけない時、諦めなければいけない時というのは、誰にも平等に訪れます。例えば、高級な商品が目に入り、どうしても欲しくなったとします。すぐには買えない価格ですから、他店の価格と比較したり、どうにかお金を工面できないかと考えてみたりするでしょう。そうしている間に売り切れてしまうこともありますし、結局お金を用意できないこともあります。結果的に激しく疲れてしまい、後悔だけが残ることになります。こうした問題に上手に対処するためには、選択肢は2つしかありません。一つは入手を潔くあきらめること、もう一つは無理にお金をかき集めることです。この選択肢に共通しているのは、逡巡しないということです。逡巡してしまえば、心は不安定になり、堂々巡りが始まってしまいます。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。