こんなスピリチュアルコーチングには気をつけよう

スピリチュアルな世界には、怪しい人物もいます。

普通、資格を持っていると、信用ができる気がします。でも、スピリチュアルな世界の資格は、とてもいい加減です。

たとえば、○○協会認定スピリチュアルカウンセラーなどという肩書きを持った人たちです。

スピリチュアルな世界では、受講料を払って、セミナーを受ければ、資格が取れるような仕組みになっています。受講者に能力がなくても、お金さえ払えばいいのです。

セミナーの日程は、短いものから長めのものまで、いろいろあります。受講料も、数万円から数十万円までとまちまちで、中には、ぼったくっているのではと疑ってしまうようなセミナーもあります。

実際に、足を運んでみると、参加者は、お年寄りが多いと聞きます。お金も時間も持て余しているからでしょう。

その他には、他人のことより、まずは自分のことを心配しなくてはならないような、頼りない人たちが、ほとんどだと聞きます。

そういう人たちは、いくつもの資格を持っているそうです。なぜならば、資格を取っても、クライアントさんが来てくれないので、たくさん資格を積み上げてしまうらしいです。

スピリチュアルな世界が好きで、たくさんのセミナーを受けて、資格を取っても、肝心の能力がなければ、何の役にも立ちません。

このような人たちの、セッションを受けても意味はないでしょう。

能力のない人が、大金をはたいてエネルギーワークを受けたとします。でも、いざ他人に使ってみても、何も変わらないといいます。このような場合は、お金をドブに捨てたようなものです。

なので、自分のホームページやブログに、資格をズラリと記載しているような霊能者のところへは、行かない方がいいでしょう。また、それでも、資格者の方が信用できると思うのなら、事前に、その資格の取り方を調べてみる必要があるでしょう。

スピリチュアルコーチングを受ける上で、大切な見極め方です。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。