何か問題があったり、うまくいかないことがあるとどうしても心は乱れてしまいます。そういう時はどうしてもマイナス思考になってしまったり、やる気が出なかったりすると思います。そんなときは心が乱れてしまった原因を自分に聞いてみてください。問題が明確になればその問題を解決すればいいのです。心が乱れる原因はさまざまですが、中でも難しい問題が人を許せないという場合です。このような場合には、広い心を持つべきです。自分も人にいやな思いをさせたり、誤解されたりすることもあると思います。お互い様なのです。相手の気持ちを考え、理解してあげるようにしましょう。できる限り話し合って歩み寄るといいと思います。相手の気持ちを聞き、自分の気持ちを伝えれば解決につながる可能性は高くなります。そして根には持たず、一度終わったことは引きずらないほうがいいです。心を安定させるには問題解決能力を高めることと、心の柔軟性を高めることが大切だと思います。まずは問題点を突き止めること。そして自分の心を柔軟にして考え方や価値観を臨機応変に変化させればたいていのことは受け止められると思います。自分のとらえ方次第でものの感じ方は変わっていくでしょう。